【解決】フロントガラスの内側の拭き跡が、残らない掃除方法

質問者
  • フロントガラスの内側を、綺麗に拭く方法を知りたい…
  • いつも拭き跡が残って、綺麗にならないので…
  • 綺麗に拭けるグッズがあれば、知りたい…

このような疑問にお答えします。

この記事の内容
  • フロントガラスの内側を綺麗に拭く方法がわかる
  • 水性汚れと油性汚れの掃除方法がわかる

フロントガラスの内側に付く汚れの正体

フロントガラスの内側には、2種類の汚れが付着しています。

水性汚れと油性汚れです。2つの違いは、汚れの成分です。

  • 水性汚れ…細かい埃、細かい土、花粉、黄砂
  • 油性汚れ…排気ガス、タバコのヤニ

フロントガラスには、必ず両方の汚れが付いています。

綺麗に掃除をしたつもりでも、汚れのスジが残ったり曇った感じで透明感が無いのは、どちらかの汚れが残ってしまっているからです。

水性汚れと油性汚れの両方を綺麗にすると、透き通ったピカピカの状態になります。

汚れの成分が違うため掃除の方法も違います。

水性汚れと油性汚れの掃除の方法を、順に紹介します。

フロントガラスの内側の掃除方法

フロントガラスの内側の掃除は「水性汚れ→油性汚れ」の順に行います。

水性汚れの掃除方法

水性汚れは、埃や土などが湿ったガラス面に付き、そのまま乾いてしまったものです。

水性汚れは、水拭きだけでで綺麗になります。けっこう簡単です。

雑巾2枚とバケツを用意します。

1枚目の雑巾を濡らして、固く絞ります。フロントガラスの内側全体を、丁寧に拭きます。

2枚目の雑巾で、水分が残らないように乾拭きをします。

これで完成です。簡単でしょ。

お湯が使えるなら、お湯で絞った雑巾を使うと綺麗になります。

水性汚れを綺麗に掃除するポイントは、乾拭きです。乾拭きが雑な場合、拭き跡が残ってしまいます。

乾拭きの丁寧さで仕上がり具合が、大きく変わります。

ピカピカを目指すなら、乾拭きの方に時間をかけてください。

油性汚れの掃除方法

油性汚れは水だけでは落ちないので、エタノールを使います。

◎無水エタノール 業務用アルコール

エタノールの特徴は、乾燥が早く、油汚れに強いことです。

拭き上がりが綺麗なので、フロントガラスに拭き後が残りません。

市販されている窓拭きシートに含まれている成分は、エタノールです。

エタノール自体を購入して、掃除に使ったほうが割安です。

エタノールを使う場合、フロントガラスの内側に吹き付けるのではなく、タオルに付けて拭いてください。

油汚れに強いので、ダッシュボードに付くと表面の油分が揮発し、変色の原因になってしまいます。

全体を拭き終わった後は、もちろん乾拭きです。

丁寧に乾拭きを行えばピカピカになります。

おすすめのクリーナー

油汚れはエタノールで綺麗になります。

ただし、長い間掃除をしていない場合、クリーナーを使わないと汚れが落ちません。

クリーナーを使う時は、特に念入りに拭き取りが必要になります。クリーナーが残っていると、新しい汚れが付着してしまうからです。

おすすめのクリーナーを紹介します。

◎ジョンソン スクラビングバブル ガラスクリーナー

液だれが少なく、乾拭きしなくてもスジが残らないクリーナーです。

使いやすいのが良い。

◎カーメイト 車用ガラスクリーナー 車内用

Amazonで評価の高いクリーナーです。

ふき取りクロス付きなのに安いです。

フロントガラスの内側を、掃除する時の注意事項

フロントガラスの内側を掃除するときに、注意した方が良いことがあります。

  • 炎天下は避ける
  • シールに注意する

詳しく説明します。

炎天下は避ける

フロントガラスの掃除をする時、炎天下は避けてください。

拭いたところが一気に乾いてしまい、拭き跡が残ります。

一気に乾いてしまった場合、乾拭きをしても拭き跡が消えないことがあります。

フロントガラスに直射日光が当たる場合は、車の向きを変えて調整してください。

10時~14時ぐらいの日差しが強い時間は、避け方がベターです。早朝か夕方の時間帯が、オススメです。

シールに注意

シールとは、フロントガラスの内側に貼られているシールのことです。

けっこういろいろなシールが貼られています。

  • アンテナフィルム
  • 車検のシール
  • 12ヶ月点検のシール

このシールが剥がれないように、シールの周辺は慎重に拭いてください。

シールは、フロントガラスの端に貼られています。端のギリギリまでピカピカにする必要ありません。

シールの周辺は、さっとひと拭きで良いと思います。

ピカピカに仕上げるポイントは、乾拭きです

フロントガラスを綺麗に掃除するポイントは、乾拭きです。

糸くずの出ないクロスでキュキュと音がなるぐらいまで拭き上げると、本当にピカピカになります。

拭き残しがあると、ライトや太陽の光で白く見える箇所が出てきます。

汚れている窓は、曇りやすいです。

 

曇った窓の水蒸気に、埃は付着します。

 

「曇る→汚れる→曇る」の悪循環になってしまいます。

掃除をする時には、気合を入れてピカピカにしちゃいましょう。

フロントガラスがピカピカになった時の充実感は、ハンパないですよ。