車線変更のコツは?

車線変更の手順

車の運転中に車線変更をするときは、まずはウインカーを点灯させて周囲の車に意思表示をしてください。ウインカーを点灯させて意思表示をしたら、周囲の安全確認です。

最初に目視で前方を確認したら後方はルームミラー、変更したい車線側のドアミラーをそれぞれ順番に確認しましょう。

最後にミラーの死角となる真横を見て安全を確かめたら、ゆっくりとしたスピードで車線を変更していきます。

実際に車線変更するときのポイントは、前方を目視で確認しながらドアミラーを移動する車線を見ることです。

安全に車線変更するためには、ルームミラーなどを使った周囲の安全確認が大事になるので普段から、運転席から見やすい位置に調整しておきましょう。

車線変更をする時のミラーの見方

車線変更をするときは、ミラーの見方がポイントです。後方全体を確かめられるルームミラーは、移りたい車線を走る後ろの車との距離を測ることができます。

具体的にはルームミラーに後方の車の全てが映っていると、車線変更ができる十分な車間距離です。また後方全体が映っているときには、ドアミラーにも同じ車が中央に見えています。

目視で確認することも大切ですが、2つのミラーを上手に見れば安全に車線変更ができます。大切なポイントとしては、自分の感覚に頼らないことです。

ドアミラーなどをしっかりと見ず自分の感覚だけを信じて車線変更を行うと、車との距離が狭く事故を起こす原因になるので、ミラーの正しい見方を覚えておきましょう。

ハンドル操作は丁寧に行う

車線変更をするときは、ハンドル操作を丁寧に行わなければいけません。

急いでいると急ハンドルを切り車線を移りたくなりますが、スピードを合わせずに変更すると後続車を驚かせてしまったり、減速させ事故を誘発する原因にもなります。

車線変更をするときには、3秒かけて行うことがポイントです。変更したい車線を走る車のスピードに合わせたら、平行移動する感覚でハンドル操作をしましょう。

滑らかに変更できるようになると、広い道もスムーズに走れるようになります。苦手だと変更するときに慌ててしまいがちですが、まずは落ち着くことが大切です。

落ち着いて3秒かけて丁寧なハンドル操作を心がければ、スムーズに車線を移れるようになります。